調布駅の商業施設「トリエ京王調布」
2017年9月29日(金)オープン!

東京都調布市に新たなランドマークが誕生!
人々や暮らしを結ぶ“ちょっとステキ”な商業施設
「トリエ京王調布」9月29日(金)オープン!

京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)は、調布駅周辺で開発を進める商業施設「トリエ京王調布」を2017年9月29日(金)に開業します。
当社では、「住んでもらえる、選んでもらえる沿線」の実現に向け、吉祥寺、笹塚など拠点開発を推進してきました。調布駅付近につきましては、2012年「京王線・相模原線(調布駅付近)連続立体交差事業」の完了によって鉄道が地下化され、街の南北が地上で結ばれることで、人やモノ・時間の流れが変わり、街の様子も変化しています。その変化する調布の新たなランドマークとして、「トリエ京王調布」が誕生します。
「調布らしい“ちょっとステキ”な生活」をコンセプトにA・B・Cの3館から構成される本施設の周辺には、駅前広場に面したテラス席や南北に連なる壁面緑化など、“人々や暮らしを結ぶ”をテーマにした環境施設を整え、街の回遊性を高めるとともに、沿線拠点である調布に新たな賑わいを創出します。
また、京王グループでは京王百貨店サテライト店の出店や、京王パスポートカードを利用できる店舗が増えるなど、地域の皆様の生活に根付いたサービスを提供していきます。

調布駅周辺の鳥瞰イメージ

建物概要・フロア構成(全72店舗)

フロア構成
A館

街の玄関口として、ファッション・雑貨・食物販・カフェ・レストランなど多彩な専門店にて構成し、いつでも気軽に立ち寄れる”ちょっとステキ”な暮らしを提案します。

所在地:調布市布田4-4-22
店舗数:63店舗(改札階含む)
敷地面積:約4,000m²
延床面積:約16,000m²
階数:地上5階
B館

エリアに不足していた大型家電量販店の出店により、より多くの方が調布の街を訪れるキッカケを提供します。

所在地:調布市小島町2-48-6
店舗数:2店舗
敷地面積:約1,700m²
延床面積:約6,000m²
階数:地上4階
C館

「映画のまち調布」を体現するシネマコンプレックスや緑道に面した調布にゆかりのあるカフェやレストラン等にて構成され、「自分らしく」「ゆったりとした」時間を過ごせる空間を演出します。

所在地:調布市小島町2-61-1
店舗数:7店舗
敷地面積:約6,200m²
延床面積:約16,000m²
階数:地上5階・地下1階

営業時間(予定):ショップ(A・B・C館) 10:00〜21:00 ※ショップの一部店舗は営業時間が異なります
レストランフロア(A館5階) 11:00〜23:00
ビックカメラ(B館) 10:00〜21:00
イオンシネマ シアタス調布(C館) 8:00〜24:00
駐車場:約330台
運営会社:京王電鉄株式会社
設計会社:株式会社日建設計
施工会社:清水建設株式会社

施設外観

人々や暮らしを結びたいという想いを“街を結ぶ”、“人を結ぶ”、“緑を結ぶ”というデザインコンセプトに反映しました。

街を結ぶ ―賑わいを感じる―

各館1階に店内の雰囲気を感じられるガラス壁やテラス席を設置し、来館者の賑わいを外部へ醸し出し、街と館のつながりを表現します。また、壁面には色を変えられる照明の入った疑似窓を配し、桜やクリスマスなど季節に合わせた光や、夜間に調布へ帰ってきた方々をお迎えする暖色系の光まで、街を鮮やかに彩ります。
街を結ぶB館1階イメージ

人を結ぶ ―ぬくもりを感じる―

3館共通で暖かなレンガ調タイルやオーニング(日よけ)を採用し、館ごとのつながりや街との一体感を演出しています。また、調布の街の地上部を鉄道が走っていた「鉄道の記憶を残したい」という地域の皆様の声に応え、壁面緑化のフレームや実際の線路跡地に沿って床面に本物の鉄道レールを埋め込み、街の歴史が感じられるデザインにしました。
人を結ぶA館1階北側イメージ

緑を結ぶ ―緑を感じる―

調布市の緑道や駅前広場とのつながりを意識し、壁面緑化を連続的に設け、緑の流れを作りました。また、C館の北側壁面は帯状の大型壁面緑化を配し、立体的に緑豊かな調布市にふさわしいデザインにしました。
縁を結ぶC館1階北側イメージ

施設内装

施設内装は「INSIDE OUTSIDE」というコンセプトのもと、建物内部でも外部の気配が感じられ、つねに街とのつながりが意識できる空間にしています。
A館内装

中庭の雰囲気を演出する3階〜4階の吹抜空間に面した大きな窓や、5階の天井に設けられたトップライトによって、木漏れ日のような自然光が降り注ぐ、開放感のある空間となっています。
また多摩川の河川敷をイメージしたレストスペースを設け、自然の中にいるような、居心地のよいくつろぎの空間を演出しています。

各フロアのデザインコンセプト
各フロアのデザインコンセプト
多摩川の河川敷をイメージした5階レストスペース<
多摩川の河川敷をイメージした5階レストスペース
中庭の雰囲気を演出する3階〜4階の吹抜
中庭の雰囲気を演出する3階〜4階の吹抜
太陽の下の野原をイメージした5階のキッズスペース
太陽の下の野原をイメージした4階のキッズスペース

映画のまちの象徴

調布市は国内有数の撮影所が所在し、市内の各所が映画の撮影に使用されるなど、映画との縁が深く「映画のまち」を謳っています。本施設は、C館のシネマコンプレックスを中心に、施設内外にシネマを意識した装飾を施し、「映画のまち」を表現します。

イオンシネマ シアタス調布

アジア圏で初めて、仏・「キネット社」製のシネマ専用最高級シート「ダイヤモンド・クラス」を全席に完備した「Granグラン Theaterシアター」が登場。最新の電動リクライニングシステムを搭載した、飛行機のファーストクラスを凌ぐゆったりサイズのシートで、優雅な気分で映画をご鑑賞いただけます。
その他、大スクリーンに広がる高画質映像と4ウェイ立体音響システム「ULTIRAウルティラ」と、東日本初導入の立体音響テクノロジー「GDC featuring dts-X」を採用した、大迫力の映像美と包み込むような新次元サウンドによる臨場感満載のシアターから、座席がさまざまなパターンで動くモーションや、ミスト、雨、煙、風、香り等の演出による体感型アトラクションシアター「4DX(R)」まで、全11スクリーン・総座席数約1,650席を有する、「映画のまち 調布」のランドマークとなる映画館です。

ウルティラのイメージ図 ULTIRAウルティラのイメージ図

C館内装

シネマコンプレックス「イオンシネマ シアタス調布」が出店するC館では、調布市民や開発担当者の映画に対する想いを表現した壁面グラフィックや、シネマに関するオリジナルグラフィックを各所に配するなど、「映画のまち 調布」におけるシネマの拠点にふさわしい空間にしました。

  1. 映画の楽しみ方をオリジナルアイコンで表現
    映画の楽しみ方を
    オリジナルアイコンで表現
  2. CINEMAを各国の言語で表記した壁面
    CINEMAを各国の言語で表記した壁面

調布駅構内装飾

「トリエ京王調布」に直結する調布駅にも、映画をモチーフにした装飾やデザインを施し、通行するお客様の目を楽しませる工夫を随所に展開します。駅改札外コンコース壁面には、シネマに関連するショーウィンドー型のフォトスポットや、デジタルサイネージを設置。また、地上につながる階段にはレッドカーペット風の装飾を行い、映画の街の雰囲気を醸成します。

  1. レッドカーテン風に意匠を施した調布駅改札内
    レッドカーテン風に意匠を施した調布駅改札内
  2. ショーウィンドー型のフォトスポット
    ショーウィンドー型のフォトスポット
  3. 階段に施したレッドカーペット風の装飾
    階段に施したレッドカーペット風の装飾

東京都調布市に
新たなランドマークが誕生!

人々や暮らしを結ぶ
“ちょっとステキ”な商業施設

「トリエ京王調布」
9月29日(金)オープン!

京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)は、調布駅周辺で開発を進める商業施設「トリエ京王調布」を2017年9月29日(金)に開業します。
当社では、「住んでもらえる、選んでもらえる沿線」の実現に向け、吉祥寺、笹塚など拠点開発を推進してきました。調布駅付近につきましては、2012年「京王線・相模原線(調布駅付近)連続立体交差事業」の完了によって鉄道が地下化され、街の南北が地上で結ばれることで、人やモノ・時間の流れが変わり、街の様子も変化しています。その変化する調布の新たなランドマークとして、「トリエ京王調布」が誕生します。
「調布らしい“ちょっとステキ”な生活」をコンセプトにA・B・Cの3館から構成される本施設の周辺には、駅前広場に面したテラス席や南北に連なる壁面緑化など、“人々や暮らしを結ぶ”をテーマにした環境施設を整え、街の回遊性を高めるとともに、沿線拠点である調布に新たな賑わいを創出します。
また、京王グループでは京王百貨店サテライト店の出店や、京王パスポートカードを利用できる店舗が増えるなど、地域の皆様の生活に根付いたサービスを提供していきます。

調布駅周辺の鳥瞰イメージ
建物概要・フロア構成(全72店舗)
フロア構成
A館

街の玄関口として、ファッション・雑貨・食物販・カフェ・レストランなど多彩な専門店にて構成し、いつでも気軽に立ち寄れる”ちょっとステキ”な暮らしを提案します。

所在地:調布市布田4-4-22
店舗数:63店舗(改札階含む)
敷地面積:約4,000m²
延床面積:約16,000m²
階数:地上5階
B館

エリアに不足していた大型家電量販店の出店により、より多くの方が調布の街を訪れるキッカケを提供します。

所在地:調布市小島町2-48-6
店舗数:2店舗
敷地面積:約1,700m²
延床面積:約6,000m²
階数:地上4階
C館

「映画のまち調布」を体現するシネマコンプレックスや緑道に面した調布にゆかりのあるカフェやレストラン等にて構成され、「自分らしく」「ゆったりとした」時間を過ごせる空間を演出します。

所在地:調布市小島町2-61-1
店舗数:7店舗
敷地面積:約6,200m²
延床面積:約16,000m²
階数:地上5階・地下1階

営業時間(予定):
ショップ(A・B・C館) 10:00〜21:00※ショップの一部店舗は営業時間が異なります
レストランフロア(A館5階)11:00〜23:00
ビックカメラ(B館)10:00〜21:00
イオンシネマ シアタス調布(C館)8:00〜24:00
駐車場:約330台
運営会社:京王電鉄株式会社
設計会社:株式会社日建設計
施工会社:清水建設株式会社

施設外観
人々や暮らしを結びたいという想いを“街を結ぶ”、“人を結ぶ”、“緑を結ぶ”というデザインコンセプトに反映しました。

街を結ぶ ―賑わいを感じる―

各館1階に店内の雰囲気を感じられるガラス壁やテラス席を設置し、来館者の賑わいを外部へ醸し出し、街と館のつながりを表現します。また、壁面には色を変えられる照明の入った疑似窓を配し、桜やクリスマスなど季節に合わせた光や、夜間に調布へ帰ってきた方々をお迎えする暖色系の光まで、街を鮮やかに彩ります。
街を結ぶB館1階イメージ

人を結ぶ ―ぬくもりを感じる―

3館共通で暖かなレンガ調タイルやオーニング(日よけ)を採用し、館ごとのつながりや街との一体感を演出しています。また、調布の街の地上部を鉄道が走っていた「鉄道の記憶を残したい」という地域の皆様の声に応え、壁面緑化のフレームや実際の線路跡地に沿って床面に本物の鉄道レールを埋め込み、街の歴史が感じられるデザインにしました。
人を結ぶA館1階北側イメージ

緑を結ぶ ―緑を感じる―

調布市の緑道や駅前広場とのつながりを意識し、壁面緑化を連続的に設け、緑の流れを作りました。また、C館の北側壁面は帯状の大型壁面緑化を配し、立体的に緑豊かな調布市にふさわしいデザインにしました。
縁を結ぶC館1階北側イメージ
施設内装
施設内装は「INSIDE OUTSIDE」というコンセプトのもと、建物内部でも外部の気配が感じられ、つねに街とのつながりが意識できる空間にしています。
A館内装

中庭の雰囲気を演出する3階〜4階の吹抜空間に面した大きな窓や、5階の天井に設けられたトップライトによって、木漏れ日のような自然光が降り注ぐ、開放感のある空間となっています。 また多摩川の河川敷をイメージしたレストスペースを設け、自然の中にいるような、居心地のよいくつろぎの空間を演出しています。

各フロアのデザインコンセプト
各フロアのデザインコンセプト
多摩川の河川敷をイメージした5階レストスペース
多摩川の河川敷をイメージした
5階レストスペース
中庭の雰囲気を演出する3階〜4階の吹抜
中庭の雰囲気を演出する3階〜4階の吹抜
太陽の下の野原をイメージした5階のキッズスペース
太陽の下の野原をイメージした
4階のキッズスペース

映画のまちの象徴

調布市は国内有数の撮影所が所在し、市内の各所が映画の撮影に使用されるなど、映画との縁が深く「映画のまち」を謳っています。本施設は、C館のシネマコンプレックスを中心に、施設内外にシネマを意識した装飾を施し、「映画のまち」を表現します。

イオンシネマ シアタス調布

アジア圏で初めて、仏・「キネット社」製のシネマ専用最高級シート「ダイヤモンド・クラス」を全席に完備した「Granグラン Theaterシアター」が登場。最新の電動リクライニングシステムを搭載した、飛行機のファーストクラスを凌ぐゆったりサイズのシートで、優雅な気分で映画をご鑑賞いただけます。
その他、大スクリーンに広がる高画質映像と4ウェイ立体音響システム「ULTIRAウルティラ」と、東日本初導入の立体音響テクノロジー「GDC featuring dts-X」を採用した、大迫力の映像美と包み込むような新次元サウンドによる臨場感満載のシアターから、座席がさまざまなパターンで動くモーションや、ミスト、雨、煙、風、香り等の演出による体感型アトラクションシアター「4DX(R)」まで、全11スクリーン・総座席数約1,650席を有する、「映画のまち 調布」のランドマークとなる映画館です。

ウルティラのイメージ図 ULTIRAウルティラのイメージ図
C館内装

シネマコンプレックス「イオンシネマ シアタス調布」が出店するC館では、調布市民や開発担当者の映画に対する想いを表現した壁面グラフィックや、シネマに関するオリジナルグラフィックを各所に配するなど、「映画のまち 調布」におけるシネマの拠点にふさわしい空間にしました。

  1. 映画の楽しみ方をオリジナルアイコンで表現
  2. CINEMAを各国の言語で表記した壁面
調布駅構内装飾

「トリエ京王調布」に直結する調布駅にも、映画をモチーフにした装飾やデザインを施し、通行するお客様の目を楽しませる工夫を随所に展開します。駅改札外コンコース壁面には、シネマに関連するショーウィンドー型のフォトスポットや、デジタルサイネージを設置。また、地上につながる階段にはレッドカーペット風の装飾を行い、映画の街の雰囲気を醸成します。

  1. レッドカーテン風に意匠を施した調布駅改札内
    レッドカーテン風に意匠を施した調布駅改札内
  2. ショーウィンドー型のフォトスポット
    ショーウィンドー型のフォトスポット
  3. 階段に施したレッドカーペット風の装飾
    階段に施したレッドカーペット風の装飾